はじめよう。気軽にナチュラル&オーガニック生活「子供に安心して食べさせられる」食品宅配Oisix(おいしっくす)会員特典盛りだくさん!

アウトドアの豆知識>カブトムシ・クワガタ

カブトムシ・クワガタ

 かぶと虫を飼育するときにクヌギのヒキコ(木屑)を入れますね。

 このヒキコはメスの匂いがついているため、バナナトラップなんかと一緒に置いておくと有効です。

 私の場合、自宅でふ化させたときのヒキコがたくさんあるので、ふ化したメスだけ(オスも一緒に入れておくとスグ交尾してしまうので分けます)を数十匹飼ってメスの匂いがたっぷり染付いた木屑を使います。

 もらってきた発泡スチロール(野菜とか匂いの薄いものがはいっていたやつ)にヒキコを入れてその上にバナナトラップを置きます。

 以前、実験した結果は買って来たままのヒキコよりも匂いつきの方がたくさん捕れましたよ!

かぶと飛ぶ


 バナナトラップは皮ごと3cmくらいに切って焼酎をほんの少し入れてビニール袋で2〜3日後皮に黒い斑点が目立ちはじめたら出来上がりです。

 バナナの熟成はバナナの青さや気温や焼酎の入れ具合で決まるので感覚でやるしかありません。

 よく黒糖を入れるとかカルピスを入れたりしましたが、あまり捕れ具合に影響ない感じがしました。

 なによりも完熟したバナナの匂いが有効な感じです。

 それにメスの匂いが加わればオスが捕れる確立が高まる感じがします。

 ただ、8月も中旬を過ぎると産卵場所を求めたメスがヒキコの匂いでやってくるケースが多いように思いました。

 昼間まで放置しておくと、スズメバチがやってくるので注意!><

 人気ブログランキングへ応援クリックをお願いします。 
人気ブログランキング


カブトムシ・クワガタ

 バルーンライトって知っていますか?

 バルーンライト

 夜間工事でよく見かける工事現場用の照明灯です。

 工事関係者に聞いたところ、このバルーンライトを夏の夜間工事で使うとカブトムシが何匹も飛んできたそうです。

 たしかに1000Wの明るさですから遠くから明かりめざしてカブトムシが飛んでくるのでしょうね。

 飛んできた時間帯は22時過ぎから深夜までだそうです。

 カブトムシが夜間飛行する時間帯は19:30頃から22:00くらいまでと思っていたので新発見です。

 市街地よりほんの少し田舎のできごとです。

 街中まで車で20分のところですが、カブトムシが捕れるなんて思ってもいなかったようです。

 工事関係機械のレンタル屋さんでバルーンライトは手に入るそうです。

 金額は一晩5千円位だそうですが、運搬するトラックなども借りて1万円だそうです。

 一度でいいから、田舎に持ち込んで実験してみたいものです。

 ただ、バルーンライトめざしてきたかぶと虫はあまりにも明るいためか、ライトの近くに着地するばかりではなく、羽音はするけど何処?なんてこともあったようです。

 白いシーツでも縦に広げれば集まりやすいですね。^^

 人気ブログランキングへ応援クリックをお願いします。 
人気ブログランキング


SEO対策テンプレート